NO IMAGE

頭痛予防のための「陰翳礼讃」の空間デザイン

私はうつ病の発症後、ひどい自律神経失調症状にも悩まされていますが、とにかく、明るい部屋が辛いのです。 なぜか。 明るい場所に長くいると、かなり高い確率で、その後頭痛が起き、吐き気がしてくるのです\^o^/ こんな状態だから、谷崎潤一郎が「陰翳礼讃」で論じた陰や暗がりへの嗜好には、すごく同意できるものがあります。 自律神経失調症や頭痛(特に偏頭痛)を患う人にとって、谷崎の言う陰翳を意識した生活空間デザインは、大きな救いとなるかもしれません。

「かわ」に見る真摯な絵本づくり

水の流れる様子が好きでした。今でも好きです。勾配のある景色の中に水路があって、水が勢いよく流れているのを見るだけで、心が休まるという水流フェチなのです。 そんな水流フェチの私が最近出会った素晴らしい絵本が、加古里子さんの「かわ」です…